クマに効果があると言われているアイキララを使っても、残念ながら効果なしと判断してしまった方へ、ぜひおすすめの記事です。
アイキララを手放す前に、ぜひもう一度だけこの記事を読んでみてください。

なぜかというと、効果なしと言われる方の一番多くが一週間か二週間以内にアイキララを手放しておられるからです。
それでは効果なしと判断されても仕方がありません。
もう少しだけ待っていただけませんか。

目もとにさまざまなお悩みを抱えて、アイキララを手に取られたかと思います。
その目もとのトラブルがクマとなってあらわれるまで、実はとても長い時間がかかっているのです。
クマのお悩みでとても多い黒クマが出来るまでの過程をお話しますね。
通常目もとには、くすみや影などはありません。皮膚がぴんと張っていて、その中にはコラーゲンやエラスチンなどの細胞で満たされています。
ところが、日常生活のささいなこと、睡眠不足や食生活の乱れ、新陳代謝の悪化などが重なり、少しずつコラーゲンやエラスチンなどの、柱となる細胞が減少していきます。
すると、柱を失ってしまった皮膚は徐々に崩れはじめ、くぼみ、たるみが生まれます。
これが黒クマの原因です。

たった一日不摂生をしたからコラーゲンやエラスチンなどが減少することはありえません。
鏡を見てもなんだかくすんでいるけれど、まだ大丈夫、と、気づかぬ内に何ヶ月も放っておいたことが原因です。

アイキララにはMGAというビタミンC誘導体が含まれています。
ビタミンCには、コラーゲンの生成を助ける働きがあります。失ってしまった柱をもう一度アイキララで立て直すのです。
それには思っているより少し時間がかかるかもしれません。
まずは一週間使用してみてください。あまり変化が見られないかもしれませんが、目もとの中身では変化が起きているはずです。
あきらめずに使用を続けて下さい。二週間になると少しだけ目もとが明るくなってきたという方のお声がもっとも多く聞こえる時期です。
一か月に入る頃には、失われたコラーゲンとエラスチンで肌が満たされ、ハリが再び取り戻されているかもしれません。

ここで辞めずにまだもう少しアイキララを使って下さい。
確かにクマは無くなったけれど、途中でアイキララを使うのをやめたら、またクマが元に戻ったという方も残念ながらとても多いのです。
肌の立場からしてみれば、まだダメージを受けていて、自力で肌を立て直す力のない状態です。
そこにアイキララによって崩れてしまった肌を立て直す材料であるMGAが急に定期的に運ばれてくるようになったので、急いでコラーゲンを生成して肌を立て直したけれど、アイキララの使用を止めたため、また材料がこなくなりました。
ダメージを受けている状態にかわりはないし、肌を立て直すのも材料がないからやめてしまおう、という状態です。これではせっかく使い続けたアイキララも効果なしになってしまいます。

アイキララを使いながら、肌のダメージを回復し、自力で肌を立て直すことが出来るように回復していきましょう。
そうすれば、もうアイキララだけに頼る必要はありません。
私の体感ですが、それまでに最低一か月、肌が安定するまでは三か月かかりました。
効果なしと判断なさる前に、ぜひ、アイキララは長い目でご使用下さい。

⇒アイキララの公式サイトはこちら