20代で目もとのクマに悩まされている方に、ぜひおすすめの記事です。

20代という若さでクマが出来てしまうと、少しショックなものですよね。
では、そのクマがどんなものなのか、クマの種類について少し説明させてください。

まずクマの中でお悩みの方がもっとも多いのが、黒クマとよばれるクマです。
こちらは目もとの皮膚が、睡眠不足や加齢、新陳代謝の滞りなど、何らかの原因でくぼみ、たるむ事が原因です。
やせ形の人に目の下のくぼみは多く見られますが、もともとそうでない場合は、加齢とともに皮膚がたるむことが大きな要因です。
20代の方のお悩みとは少し異なるかもしれませんが、クマの一つとして知っておいてくださいね。

次は青クマです。
こちらは、主に血流が悪くなって起きるものです。
下まぶたの皮膚はとても薄く、0.5mmぐらいと言われています。
血流が悪くなることで、まぶたの下の毛細血管が透けて青く見えている状態です。
血流が悪くなる主な原因は、冷え、睡眠不足、ストレスや過度なダイエット、貧血などがあげられます。
ポピュラーなクマ、というのも変な例えですが、誰もが一度は経験したことがあるクマだと思います。

この青クマですが、20代の方にも思い当たることが多いのではないでしょうか。
黒クマは30代以降の女性に多く見られるのに対し、青クマは早ければ10代、20代から出来てもおかしくありません。
20代の方のお悩みのクマは、青クマが多いのではないでしょうか。

ではここで、クマにおすすめのアイキララのご紹介です。
アイキララは、20代から使っても大丈夫ですか?という質問をよくお聞きします。
もちろん、大丈夫です。ぜひ使って下さい。

アイキララが効果があるクマはどれですか?もしかして一部のクマにしか効果がないのではないでしょうか、という質問もよくお聞きします。
大丈夫です。アイキララは黒クマ、青クマなど、すべてのクマに効果があります。

MGAというビタミンC誘導体がコラーゲンの生成をしっかりサポートする働きがあり、美白効果も期待できます。
目もとのハリ、ツヤを取り戻すことにより、新陳代謝も活発にさせる効果があります。
お悩みの青クマですが、目もとをアイキララでサポートすることにより、血流もよくなる効果が期待できます。
ケアの仕方はたった数分で構いません。
普段のケアに加えて、アイキララを1プッシュほど手にとり、指の腹を使ってやさしく目もとになじませていきます。
これを毎日、特に夜に繰り返す事でお悩みのクマを解決する手助けになると思います。

もちろん、アイキララを使いながら、普段の生活にも少しずつ気を配っていきましょう。
睡眠をしっかりとること、ケアの時間は3分で構わないのでゆっくりと目もとを労わること、過度なダイエットは控えることなどです。
20代であればまだまだ肌の再生能力も高く、また再生時間も短時間かもしれませんが、実年齢と肌の加齢とは少し差があることも事実です。
クマができてしまった肌をしっかりサポートして、日頃の生活も少しずつ見直していきましょう。

⇒アイキララの公式サイトはこちら