目もとの青クマがメイクをしても浮き出てしまう、とお悩みの方へぜひおすすめの記事です。
欠点をカバーするためにメイクをしているのに、ファンデーションを塗れば塗るほど目もとのクマが消えない、とお悩みの方はいらっしゃいませんか。
そんな時に便利なのが、コンシーラーです。
コンシーラーはくすみやクマをあくまでも一時的に消すために、ファンデーションの前や後からなじませるものです。
部分用ファンデーション、とも呼ばれています。
クリームタイプのものからスティックタイプのもの、リップグロスのような形をしたものまで、さまざまなものがあります。
今回は、青クマにはどのようなコンシーラーがいいのかを紹介していきますね。

青クマには、色はオレンジ色のものがおすすめです。
タイプとしては、目もとの皮膚は薄く、ファンデーションも伸びにくい部分ですので、クリームタイプやリキッドのものを選びましょう。
できるだけ水っぽくて伸びが良いテクスチャーのものを選んでください。

付けるタイミングですが、これは使っているファンデーションのタイプによって違います。
リキッドファンデーションの場合は、ファンデーションを付けてからコンシーラーを付けてなじませます。
最後にフェイスパウダーで崩れないようカバーしておきましょう。
パウダーファンデーションの場合は、ファンデーションを付ける前にコンシーラーを付けます。
お使いのファンデーションによって、どちらか選んでくださいね。

コンシーラーの量ですが、思っているよりほんの少しです。
リキッドタイプなら手にパール粒小ぐらいの、ビーズぐらいの量をとります。
まず塗るのではなく、一番カバーしたい青クマの中心点にちょん、とのせます。そこから点を打つように何箇所か指でつけます。
点を打ち終わったら、優しく指の腹やスポンジを使ってなじませます。
はじめからスポンジに付けてしまうと、量が多すぎたり、むらが出来たりしますので、点を打ってから繋げるように塗ると良いですよ。

ですが、毎回お悩みの青クマにコンシーラーを付けていても、根本的な解決にはなりません。
コンシーラーでは青クマそのものは消えないのです。部分的にカバーしているだけです。
やがてコンシーラーをいくら上手に重ねても、クマが消えないと思う時が必ず来ます。
メイクは必ず崩れるものですので、そのたびにコンシーラーを持ち歩き、消えないクマに重ねるのは精神的にも良くありません。
その時のために、日頃のケアや青クマ対策を欠かさず行っておくのが良いと思います。

青クマの原因は血流が悪くなることが最大の原因です。
血流を良くするためには、十分な睡眠と栄養が必要です。
しっかり睡眠をとり、バランスの良い食事を摂るよう心がけましょう。
目もとにも出来るだけ気を配り、新陳代謝を良くしたり、美白効果と保湿効果のあるアイクリームを付けるようにしましょう。

なかなか消えない青クマをコンシーラーでカバーする方法について書きましたが、いかがでしょうか。
コンシーラーだけに頼らず、青クマそのものもケアする事を忘れないで下さいね。