目もとのクリームで大人気のアイキララの気になる解約方法についてまとめてみました。アイキララを使用している途中でも、簡単に解約できる方法を

アイキララの解約方法から手続きの仕方まで、詳しく説明します

今回は目もとのクリームとして大人気のアイキララの解約方法から、手続きの仕方まで詳しくまとめてお話していきたいと思います。

アイキララを購入されて会員になると、公式サイトに「マイページ」が作成されます。
配達日や時間帯の変更など、変更やキャンセル、解約に関する手続きはすべてサイトのこのマイページから行えます。
もちろん、公式サイトの「メールフォーム」からも連絡できますし、電話相談窓口でも大丈夫です。

次はコースごとの解約のタイミングを見ていきましょう。
10%オフお試しコースですが、こちらはスマホ、パソコン、電話からいつでもキャンセル可能と書いてありました。

15%オフ基本コースですが、こちらは3か月ごとにアイキララが3本届くお得なコースになっています。
ただ3回は商品を受け取る必要があると書いてあります。解約は4回目以降から可能なようです。
このコースに申し込む前に、お試しコースでじっくり商品の良さを試してみるのもいいかもしれません。

それに今なら、お試しコースで申し込んだアイキララには「全額保証金システム」が付いています。
はじめてアイキララを購入の方に限り、商品お届けから25日以内であれば、アイキララに満足できなければ全額お金が返ってきます。
手続きもとても簡単ですので、ぜひご利用下さい。ただこれは公式サイトからの購入に限りますので、その点だけお気を付けください。

続いて20%オフ年間コースですが、こちらは特に何も記載がありませんでしたので、いつでも解約可能かと思います。

定期コースでよくある不安ですが、キャンセルの申し込みが遅かったために、必要なかったのに商品が届いてしまうという不安があります。
公式サイトのマイページから、次の商品発送日がいつになるかをよく確認しておきましょう。
商品到着日の10日は余裕をもって解約の連絡をすれば、スムーズに手続きが行えると思います。

もしどうしても事情があって連絡出来なかった場合ですが、商品が到着してからでもキャンセルは可能です。
「ゆうパケット」で商品が届いた場合はいったん受け取り、紙に「受取拒否」と書いてください。
そしてそこに署名をして、もう一度郵便ポストへ投函してください。

「佐川急便」で商品が届いた場合、配達員の方に「受取拒否」だとお伝えして下さい。
受取拒否は運送会社にとっては返品の意味でもありますので、気兼ねなく言って大丈夫ですよ。
公式サイトを見たところ、受取拒否をされるつもりだったのに、マンションなどの宅配ボックスに入っていたり、ご家族が受け取ってしまった場合は連絡してほしいとのことでした。

これでアイキララの返品、解約方法についてはもうご心配ないと思いますが、いかがでしょうか。
ただ最後に一つだけアドバイスさせて下さい。
アイキララでもっともお得なのは本数が多いコースです。それは何故かというと、長く使用することが一番目もとに効果があるからです。
ずっと使うことは難しいかもしれませんが、1か月ほどでやめてしまうのは一番もったいないです。
効果を実感するためには少なくとも1か月以上、出来れば3か月ぐらいはご使用される事をお勧めします。

⇒アイキララの公式サイトはこちら

PAGETOP